カテゴリ:THE BEATLES( 38 )


IN MY LIFE

ビートルズ時代の中期くらいにつくられた、ジョンの作詞・作曲。
歌詞・スローテンポな曲共に、私的に最高におちつける曲!!歌詞は一番最高。

たまに、ビートルズの曲でも、しばらくこの曲はいいかなと、封印する事もありますが、IN MY LIFEはあきない曲の中のひとつ♪

思い出にふける時にゃーもってこい。。。


IN MY LIFE
[PR]

by nishidaiku | 2007-07-23 22:28 | THE BEATLES

Please Please Me

初めてイギリスで、ビートルズが一位に輝いた曲。
歌っている立ち位置は、ちょっとジョンが前気味です。やっぱりリーダーだから?

叫ぶファン。こんな状態がこれから数年も続くようです。。。

最後は全員一礼で好印象!
Please Please Me
[PR]

by nishidaiku | 2007-07-18 18:52 | THE BEATLES

I Want To Hold Your Hand

 アメリカ進出したビートルズが、初めて全米1位をとった曲。ジョンレノンとポールマッカートニーの数少ないなかの共作♪

 シンプルで楽しい曲で仕上がった曲は、今でも色あせてないのがすごい。初めての人でも楽しく聞けると思います。
 初期の頃のビートルズなので、4人がスーツで統一。笑顔も忘れず。ジョージ・ポール・ジョンの3人が身長178センチと見た目のバランスも違和感がなく、曲もさることながら、彼らの好印象も後押ししている。


I Want To Hold Your Hand

[PR]

by nishidaiku | 2007-07-15 22:28 | THE BEATLES

要するに税金の問題です!

b0080053_11495128.jpg

ビートルズの中で、一番かっこいいと言われているジョージ・ハリソン。 ジョン・レノンとポール・マッカートニーという強力なライバルがいるなか、ジョージも曲を作り始めます。最初は苦戦しますが、次第にジョージもいい曲をつくっていきます。アルバムの中にジョンとポールの曲がひしめきあう中、ジョージの作品が1曲目を飾ります。アルバム『リボルバー』の中にある曲名、『TAXMAN』
 普段から、税金を取られることに不満を持っていたジョージがそれを曲に仕上げてます。当時の政治家、ウィルソンさんとヒースさんを名指しで、詩の中にいれて皮肉っているとこなど、ビートルズっぽい感じです。なんといってもジョージの特権はジョンとポールをバックコーラスとして使えること。この曲でも存分に感じとれます。
[PR]

by nishidaiku | 2007-06-11 22:58 | THE BEATLES

たったの6枚

横断歩道をいったりきたり。午前中に撮られた撮影時間30分程。
しかもたったの,6枚しかとってないようです。多分3往復くらいですかね?
なのに全世界で有名な写真になってしまうとは・・・
やっぱりラストアルバムなんですかね、ジャケットに採用された写真は、アビーロードスタジオから立ち去る4人の写真でした。
b0080053_22575937.jpg
b0080053_2258864.jpg
b0080053_22581688.jpg
b0080053_2393938.jpg
b0080053_2315211.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-04-10 21:04 | THE BEATLES

ゲットバック

久々にビートルズ!!

【GET BACK】今でもかっこよさが衰えないこの歌、やばいです。ポールの代表作の一つ。ジョンに呼びかけているといわれる詩の内容。『戻ってこいよ!!ジョン 昔のように・・・』

b0080053_14314772.jpg


1966年8月29日、サンフランシスコのキャンドル・スティック・パークでのコンサートを最後に、4人そろって演奏したことのなかったビートルズは、1969年1月30日(寒そう)ロンドンのアップル・ビルの屋上に作られたセットの前に 4人そろって立ちました。

オフィス街にあるアップル・ビルの屋上。アポなしで真昼間に歌いだしたから、道路はかなり大騒動だったようです。でも屋上だったので、ビートルズの前にはなにもない・・・どうせだったら、リバプールのキャバーン・クラブ(ビートルズ誕生のライブハウス)で歌って映像に残してほしい気持ちもありました。 

b0080053_14373957.jpg

ロンドンのオフィス街でわからず、この建物を探すのにかなり迷いました・・・
[PR]

by nishidaiku | 2007-04-04 23:14 | THE BEATLES

切手

b0080053_23487.jpg


ようやく届いた、イギリスで発売されたビートルズの切手。

昨年発売された、ビートルズの【LOVE】ですが、ファンには賛否両論みたいですね。でも純粋に聞くといいアルバムだと思います。 まあ最初は頭の中で、曲を分解して、このドラムはあの曲とか耳をすまして!聞いてましたが・・・

最近は純粋に聞いております。例えば、一曲目の【ビコーズ】。音量をかなりあげると、自然の中で(小鳥のさえずり森かな)歌っているアカペラのビートルズ。2曲目に入るところの、時空を越えて戻ってきたような効果音にとどめの、『ジャーーン』で始まるゲットバック。get backは色あせない、いい曲です。

あと不意をうたれたのが、TOMORROW NEVER KNOWS でしょうかね。おもしろくて結構気に入っています。
[PR]

by nishidaiku | 2007-02-13 23:04 | THE BEATLES

ビートル・フィギュア

新春 渋谷にあるビートルズショップに福袋を購入しようと、いったのですが売り切れで買えませんでした。福袋購入は初めての試みだったのですが、ビートルマニアをあなどってました。

手ぶらで帰るのもなんなので、フィギュアをかっちまったぜ・・・3000円くらい。

若干○バ系ののりで、写真撮影!

マニア的な目線で、立ち順とかこだわったりしています。

b0080053_011868.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-01-17 00:07 | THE BEATLES

クリスマス ソング

ジョン・レノンは【ハッピークリスマス】。ポールマッカートニーは【ワンダフルクリスマスタイム】。どちらも世界中で有名な曲ですが、ビートルズとしての、クリスマスソングは無いに等しい。

でも彼らは1963年から1969年にかけて、ファン・クラブの会員へのクリスマス・プレゼントとして、毎年クリスマス・レコードを贈っていたそうです。ファン・クラブのために特別に制作され、他では決して手に入らなかったクリスマス・レコードです。
b0080053_027649.jpg


その中の1つ、1967年のクリスマス・レコードに収録されていた“Christmas Time (Is Here Again)”は、「ザ・ビートルズ・アンソロジー1」(1995年)からのシングル・カット“Free As A Bird”のカップリング・ナンバーとして、現在では我々も聴くことができます。

もし今ビートルズがクリスマス・ソングをつくるならどんな曲に仕上がるのでしょう・・・
[PR]

by nishidaiku | 2006-12-16 00:27 | THE BEATLES

oasisベストアルバム


オアシスのアルバム買いました。最近のベスト版!!ひさびさにオアシス色になってます。

イギリス マンチェスター出身のギャラガー兄弟を中心に(喧嘩が多いですが)、独特の歌い方。いいですねー。ロックって感じで。
b0080053_23401322.jpg


ギャラガー兄弟はビートルズを溺愛していて、結構影響されています。最近はメンバーにリンゴスターの息子、ザック・スターキーが正式メンバーではないけど、ドラムをたたいてます。

一度代々木体育館にコンサート行きましたけど(ドタキャンはなく)、興奮しましたね。生のオアシスは!!
[PR]

by nishidaiku | 2006-11-28 23:21 | THE BEATLES
line

わたくしのお気に♪


by nishidaiku
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31