<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


アビーロード生ライブ

アビーロード LIVEカメラ

ビートルズ来日40周年でラジオは、ビートルズなりっぱなしですが、たまたまブログ旅行をしていましたら、これはすごいということで、のせさせていただきました。前にいったことあるアビーロードの生ライブ。画面の右側がアビーロードスタジオです。見えませんが。
ちょっとイギリスにいった感じができるのではないでしょうか。メモ帳にもはりつけましたのでそちらもどうぞ。

↓イギリスの行ったときのアビーロードの看板 いたづら書きがすごい。
b0080053_22582997.jpg


↓アビーロードスタジオの境界壁 らくがきだらけ。
b0080053_22584412.jpg


私はファンとして人として落書きはしませんでした。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-29 23:29 | THE BEATLES

あせだく

今日は実に暑かった。
8畳のフローリングを貼る仕事をしたんですが、蒸し風呂状態。
いやー滝のように汗がでました。汗の出かたが異常。2リットル水をのんで水分補給をしました。やせたかなと思って、体重計のったけどちょっと増えた感がありました。

なんで?
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-28 23:37 | 仕事

そういえば映画みたなー。

あんだけ騒いだ『ダ・ヴィンチ・コード』やっとみました。
世間では批判的なコメントもありましたが、私は好きでしたけどね。あーこーゆう世界もあるんだろうーな。一言でまとめます。 
どっちにしてもワールドカップに気持ちをうばわれてしまったのであらかじめ。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-27 00:42 | ちょっと一服

オカサル新メンバー2

 前回ベースボールのお話をしましたが、その日のベースボール後フットサルをやりました。体をリフレッシュするはずの休日は、仕事よりもハードな一日でした。まあー私よりも上をいく友人(石井選手)は、ソフトボールやって、ベースボールやって、フットサルやってましたよ。驚
 そんな中新たなる新メンバーをオカサルに招きました。私の前の会社の後輩の後藤君。学年は1学年上ですが、入社は私のほうがはやかったので。彼は静岡出身で伊東高校でサッカー経験者であります。そして横浜マリノスユースの最終試験で落ちたらしい・・・悲
そんな願ってもいない選手が入りましたが、やはり相手の鶴見軍団は経験者ぞろい・・・最後までがんばりましたが、

オカサル軍団 13 対 14 鶴見軍団 で敗れました。

なかなかそう簡単に回天は出来ず  通算成績 4勝14敗1分
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-26 23:58 | オカサル(フットサル)

ベースボール 春の大会

春の大会 一回戦がようやく日曜日に行いました。
しかーし1週間前に連絡があり、仕事や予定が入っておりメンバーが足らず。そこで助っ人4人に参加していただき、なんとか試合が出来る状態に。
しかも1年ぶりボールを握る選手が多いため、戦える状態じゃないんです。

でも気持ちでは負けまいと奮闘しましたが、13対5くらいで大敗を喫し、一回戦で姿を消しました。唯一見せ場は、石井選手の特大ホームランでした。

やっぱやらなきゃね無理。高校時代は甲子園を目指し名門高校にて青春を送りましたがもはや10年前の遠いお話、頭は動いても体がついてこない。歳を感じた今日一日でした。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-26 00:21 | ホームランズ(野球)

日本代表決勝トーナメント進出ーー

じゃないね。

朝から見ました。スポーツバーで盛り上がりました。
玉田の先取点。日本コール。

でも世界の壁は高かった。結果4-1。

お疲れしたー日本代表。

お疲れしたー友人7人。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-23 07:18 | ちょっと一服

マジカル・ミステリー・ツアー

 イギリス一人旅に行ったとき、このツアーだけ申し込んでたマジカル・ミステリー・ツアー。いわゆるビートルズ巡りのツアーであります。『マジカル・ミステリー・ツアー』はポールの作詞作曲、歌詞はこんな感じ
『みんな寄っといで、ミステリー・ツアーに出かけよう。みんな寄っといで、君を誘っているんだ』 
これを題材にして映画もある。もちろんこのバスにのって旅する話。
b0080053_2361785.jpg

 ↑このバスをみた瞬間わたしゃー鳥肌がたちましたよー、マジかよー乗れんの。乗車したら はいっきた『マジカル・ミステリ・ツアー』流れてる。一人で『やばい・やばい・・・』って連呼。
このツアーに参加している人は大勢いて、アメリカ人とかスペインとかメキシコ、中国人もいたあるよ。
行ったところは、ビートルズの生まれ育った家巡り、ジョージの家にいったら、実際に今住んでる子供が出てきて、なぜか拍手喝さい。子供は恥ずかしそうだった。あとストロベリーフィールズ。



リバプール近郊にあるペニーレイン通り
これもポールの作詞作曲『ペニー・レイン』というのがあります。歌詞はこんな感じ
『ペニー・レインの懐かしいあの音 あの風景 郊外の青空のもとにあるあの町を 僕はしみじみ思い出す。』(一部)
これもクリーンなイメージのいい曲です。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-21 23:07 | THE BEATLES

四季を感じる

b0080053_22364127.jpg

6月だー実家に咲くブーゲンビリア。毎日観察してみてみると日に日に色が濃くなっている。うーん色鮮やかだ。この時期に咲く花だ。今年で3・4年目だ。




それにしても日本代表の高原選手のブログ・・・あれはひどい。コメントが。最後まで私は応援します。負けるなサムライブルー。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-21 22:54 | 四季折々

プロジェクト

世界の人と交流してみたいので、今度ビンにメッセージ書いて、海に流してみよう。風船にもメッセージ書いてとばしてみよう。計画段階だけどこれが本当に届いたら歓喜するだろうな。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-20 23:07 | 本気モード

新撰組の屯所 壬生村

b0080053_22493487.jpg

↑京都の壬生にある八木邸です。ここが新撰組が寝泊りしていたところ、今も当時そのままに残っています。当時この門に『壬生村浪士屯所』と看板を掲げては、沖田総司や原田左ノ助などの若い隊士は、看板をしみじみみて感激したといます。まあー家主の八木さんはかなり迷惑したそうです。今でも当時のまま、建物が残っているので、ファンがよく来ていました。建物は武家屋敷になっていて、鴨居は通常より低くなっています。建物内部の写真はとってはいけなかったのですが、私知らずにばしばし撮っていて、画像があるんですがやはり誠の文字をみると、気が引けるので添付するのはやめました。

ちなみに何で誠の文字を旗に記したかというと、近藤勇・土方などは農民出身で、武士よりも真の武士らしくなるという意味合いを含め、誠の文字を記したそうです。

b0080053_2249136.jpg

↑八木邸の隣接する壬生寺、新撰組はここで訓練をしてました。大河ドラマをやっていた時よりは、幾分ブームはすぎてますが、ファンはここを訪れますね。まだだんだら模様の羽織をきてファンと写真撮影をしていました。ちなみにこの羽織、実際に着ていたのは、一年間くらいしか着られていないようです。派手なので。デザインは忠臣蔵の赤穂浪士のような立派な武士になりたいと思いが込められています。着始めの頃は、庶民にばかにされたようです。今じゃー結構いい値段するのに。ほしーな。


b0080053_2249104.jpg

↑壬生寺の中にある、近藤勇像。

b0080053_22492130.jpg

↑同じく壬生寺にある墓石。芹沢鴨とかありますが、これは隊士の河合きさぶろうの墓石。彼は勘定方という職務についていて、(用は金管理)なんと帳簿の不始末で切腹させられてしまった。江戸末期になると切腹は、腹を切る格好だけで、介錯人がすばやく首を落とすやりかただったのですが、新撰組の場合は本当に腹を切った。きゃーーー武士にとっては名誉の事ですが、今じゃ考えられないっすね。この墓は怒った河合の親族が、腹いせにたてたそうです。ちゃんと手をあわせてきました。
[PR]

by nishidaiku | 2006-06-17 19:05 | 幕末とか歴史
line

わたくしのお気に♪


by nishidaiku
line
カレンダー