<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


悲しくてやりきれない♪

胸元にポケットがついてる上着ってありますが、それを前後逆に着ている人がいました。背中にポケットがついていて、
『ちょーウケルんだけどー♪』柳原加奈子風に思っていたら、











私の父でした・・・
[PR]

by nishidaiku | 2007-11-28 22:52 | ちょっと一服

旅行3日目

ストイックな旅行は続き、朝4時半起床!
b0080053_012146.jpg
   
お寺の朝は早く、5時から本堂でお経を聞きました。仏壇の前に93歳の住職が座り、更にその周りに数名のお坊さんが座る。独特な雰囲気をかもしだすお寺の朝、意外にも心が清められる感じで、貴重な体験が出来ました。
 お経の後は93歳の住職のお話し・・・・・・空海とはなんとかかんとか・・・・・・人間とはなんとかかんとか・・・・・・今日ここにいる皆様方は 弘法大師 空海のお弟子さんです。・・・と『おお!空海の弟子か!』
『ならん!!』とか考えているうちに、精進料理を食べ、8時に再び狭いバスにて出発。

2時間半後、奈良県東大寺に到着。修学旅行以来であいかわらず鹿。鹿。鹿。
b0080053_02404.jpg

鹿は春日大社の神の使いという事で、昔から手厚く保護されているようです。言い伝えで、昔、子供が、不意に鹿を殺してしまったそうで、その子供は鹿の死骸と共に生き埋めになったそうです。その位大事にされてたようです。
園内にいる鹿は1200匹いて、そのうち8割がメス。園内の芝の手入れは、鹿がすべて食べるので、人による手入れはしないとのこと。

てくてく歩きながら、東大寺に。修学旅行にきたけど、記憶なし。
b0080053_035035.jpg

 今の建物は江戸時代のもの。2度火に焼かれ、中にいる大仏様は雨ざらしになったことも。昔の建物に比べ、今の建物3分の2の大きさに。木造建築としては世界一の大きさで、昔の技術には正直すごいと感心する。
 大仏殿の屋根にしゃちほこみたいのものが乗っていて、この大仏殿では鴟尾(しび)呼ばれている。屋根についてる鴟尾(しび)と、参道の幅の間隔が同じ寸法。目の錯覚なんでしょうが同じサイズ。これを設計したのは、丹下健三さんでそのお弟子さんが故黒川紀章さん。


今回の旅行は建物を見て、学ぶというテーマ。意味を知ることで違う見方が出来ると思います。建物の中は大仏様・・・の天井の1マスは畳4,5畳分の大きさ。小さく見えるのは目の錯覚です。
b0080053_045362.jpg

建物の中に東西南北を守る四天王。4体あるうちの2体は頭部しかなく、造る人がいなくて費用もないとか・・・
b0080053_06852.jpg

b0080053_065040.jpg

b0080053_083390.jpg

 
除夜に108回鳴らす鐘。1年をくらすには四苦八苦する意味から、(4*9+8*9=108。) 108の煩悩を消しながら年を越すので、除夜の鐘を聞く時は、1年の苦しみを消しましょう。
b0080053_012590.jpg

 
b0080053_0141794.jpg

b0080053_0145786.jpg

b0080053_0153732.jpg


昼食後狭いバスにゆられて1時間。奈良の薬師寺を見学・・・。常に時間がつきまとい、自由をうばわれ・・・・・・てか!疲れが・・・
b0080053_0125593.jpg

その後奈良から大阪に移動し、ようやく夕方に大阪の町とおこのみやきとたこやきを堪能♪
b0080053_0131863.jpg
 
[PR]

by nishidaiku | 2007-11-17 00:27 | 癒し

旅行2日目

朝6時起床!2日目もきつきつなスケジュールな為、少しでも思い出をとちょっと温泉につかる。
山と海に囲まれた自然が残る勝浦温泉を朝8時出発。
1時間後、世界遺産の熊野古道に到着。そっから1時間くらい、ひたすら古道をのぼり歩く。
b0080053_0231285.jpg

b0080053_024850.jpg

b0080053_029816.jpg
b0080053_0271123.jpg

来たからには意味を知る為、ちょい勉強。
和歌山県にある熊野古道は、平安・鎌倉時代に多くの貴族や上皇などが熊野三山に御詣りしてたみたいです。昔は徒歩なので、京都からかなり日数をかけてきたそうです。つまりそのくらい信仰が深い場所だったようです。
関が原の戦い(1600)より古い建物があったり、落差133M滝つぼ10Mの滝があったり、癒されました。
b0080053_030858.jpg

b0080053_032883.jpg


昼食後再び狭いバスに3時間拘束され、標高1000M高野山に到着。1時間くらいお寺・墓などにつれまわされる。
b0080053_033065.jpg

高野山についてちょい勉強。
平安時代、空海が修行の場として開いた、高野山真言宗。日本仏教の聖地として有名とのこと。どうりで織田信長・豊臣秀吉など歴史に残る人々のお墓があったわけです。
高野山の寺院の数は117箇所。

b0080053_0331322.jpg

その日は本覚院に宿泊。そして周辺のお店は9時前に閉まる。
お寺に泊るのは初。接客してくれるのは、お坊さんと修行中の学生。
意外にサービスがよく、やっぱり礼儀が正しい。
b0080053_0355428.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-11-15 00:37 | 癒し

旅行1日目

最初大阪・京都ツアーで大阪城・彦根城など見学に組み込まれていて、城好きな自分はたいそう喜んでいたのに、そんなものはどこえやら、いつのまにか行き先が変更されていて、かなりハードな旅行になりました。
新横浜駅7時に集合して、新大阪に10時到着。そのままリアル大阪弁をきくことなく、窮屈なバスに乗せられる。
バスガイドさん『左に見えるのが大阪城やで!!』
遠くに小さく見えた。
バスガイドさん『右に見えるのが和歌山城やで!!』
目を細めて探した。

とかなんとかいいながら、バスは進みトイレ休憩などいれ、合計6時間拘束される。初日どこにも観光することもなく、和歌山の勝沼温泉ホテルに夕刻6時チェックイン1日目終了。

b0080053_23355573.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-11-13 23:37 | 癒し

ちょっと気になる♪

感じだったので撮りました。
法事に同行したおじさんが、水俣に母校を40年ぶりに、見に行きたいということで、1時間に1本しかない電車で1時間かかる道のりに、ちょっくら付き合ってきました。

b0080053_23442036.jpg


b0080053_23443532.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-11-06 23:44 | 小池さん

熊本ラーメン

熊本から帰りました。皇太子も熊本に来てたらしく、めずらしく熊本空港は人が多め。(皇太子も一般機にのるんですね。)
b0080053_092527.jpg



法事でこの数日、食べては飲んでを繰り返すも、空港内にあった熊本ラーメンを食べきりました。(こってり・・・の細めん)

b0080053_093713.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-11-05 23:53 | 小池さん

旧細川邸のシイの木


都営三田線・白金高輪駅から徒歩数分のところに、肥後熊本藩細川邸の下屋敷があり、その一角にシイの巨木がありました。高さ10,8M、幹周り8m弱。東京都指定天然記念物になっているそうです。
b0080053_0235863.jpg

昭和56年にシイの木に空洞があり、外科手術をしたそうです。木も手術するのかと感心しました。
1703年赤穂浪士の事件で、この熊本藩細川邸が関わってくるのですが、もしかしたら・・・生まれ故郷の祖先に関係している・・・かもしれないので、歴史探検してきました。
b0080053_0243137.jpg

[PR]

by nishidaiku | 2007-11-01 00:05 | 熊本県
line

わたくしのお気に♪


by nishidaiku
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30